生活習慣病というのは、日々の偏食や喫煙、外から受けるストレスや運動不足などいろいろな要因が重なって起こる病気です。

普段の生活をきちんとしていれば、このような病気にはなりませんが、なかなかそうはいきません。

目に見えない動脈硬化

代表的な生活習慣病では、肥満や高血圧、脂質異常症や糖尿病などがあります。

これらを含む生活習慣病にかかってしまうと、血管には様々な負担がかかってしまい異変がおこります。

それは動脈硬化です。

この病気はまったく目に見えないもので、気付いたときには動脈がかたくなって弾力性を失っていることがあります。

これが動脈硬化で、早く言ってしまえば血管が硬くなってしまうことを言います。

一度硬くなってしまった血管は二度とやわらかくなりません。

上手にこの病気と付き合っていくしかなくなってしまいます。

そして血管が硬くなることで、血液の流れも悪くなってしまいますし、血栓がつまって血管をふさいでしまうこともあります。

放置するとどうなってしまうのか

高血圧や脂質異常症、糖尿病などはサイレントキラーと言われている病気です。

これらがそう呼ばれているのは、自覚症状がまったくないからです。

症状が出ないまま体の中では動脈硬化が進んでいます。

そのまま病気に気がつかないで治療をしないでほおっておくと、突然心筋梗塞になったり脳梗塞になったりして取り返しの付かないことになってしまいます。

症状がないままに大丈夫だという考えで何もしないことは危険が大きく伴います。

生活の見直し

生活習慣病というのは、日常の中で知らない間にしてしまっている行動などで重度な病気になってしまうものです。

普段からいろいろな物事に気をつけていくことでこのような病気を防ぐことができます。

生活習慣病については、自分の生活を見直すことで防ぐことができるものです。

少し軽い運動を取り入れて継続していくこともいいですし、定期健診なども受けることが大切になってきます。