できてしまった血栓を溶かすは実際にいくつかの方法があります。

一般的にはナットウキナーゼが効果的と言われていますが、ルンブルクスルベルスや焼酎などもいいとされています。

できてしまった血栓を溶かす事が出来る、ルンブルクスルベルスや焼酎を使った方法をお教えしていきたいと思います。

最も血栓を溶かす効果があるのはルンブルクスルベルス?

もともと、血栓を溶かすのに必要なプラスミンを作るのに必要なのが、t-PAです。

一般的に使われている血栓を溶かす薬の多くは、直接血栓を溶かしてくれるわけではなく、プラスミンを誘発させているだけです。

ルンブルクスルベルスは、そもそもミミズの酵素で出来ています。

しかしルンブルクスルベルスは直接血栓を溶かしてくれるので、血栓を溶かす方法に最も有効的であると考えられています。

ルンブルクスルベルスはプラスミンを誘発させる成分の一つでもあるt-PAを増やす事が出来るという結果が出ています。

なのでルンブルクスルベルスは間接的にも溶かす事が出来る事や直接溶かす事も出来ます。

ルンブルクスルベルスは医療現場でも実際に良く使っている方法で、血栓を溶かす事にかなりの効果が出るようで、現場でも結果を出してきています。

ルンブルクスルベルスを毎日欠かさず飲むと、血栓が出来にくい体を手にする事が出来ますよ。

お酒にはウロキナーゼの酵素を増やす効果がある

ほとんどのお酒には、ウロキナーゼの酵素を増やす事が出来る効果があります。

ウロキナーゼは体内に出来てしまった血栓を溶かす効果があり、心筋梗塞や脳梗塞の予防が出来ます。

乙類焼酎はウロキナーゼを増やす効果が高くて、麦焼酎やそば焼酎と比べてみても乙類焼酎の方がかなりの効果があります。

また体に良いと言われているワインにはポリフェノールが含まれていて血栓が出来るのを予防する事は出来るのですが、すでに出来てしまった血栓を溶かす作用はありません。

ワインは焼酎よりも血液をサラサラにする事が出来るので、血栓を予防する作用が高いと言う事です。

また焼酎を毎日適量飲んでいる人は、血圧が安定してコレステロールを下げる事が出来る事や血栓を防ぐ事が出来る善玉コレステロールの増加を防いでくれる作用があります。

お酒が飲めない人は焼酎を料理酒のかわりにして使う事でも効果があるので、続けていく事が大切です。

焼酎は熱を加えるとアルコールが飛び香りがなくなるので、焼酎が苦手な人でも簡単に作用を得る事が出来るのでオススメです。

ナットウキナーゼ・ルンブルクスルベルス・焼酎など、血栓を溶かす効果の高い成分を積極的に摂っていくようにするといいですね。