動脈硬化が起こってしまうと、いろいろな臓器に影響が出てきます。

代表的な病気として心筋梗塞や狭心症といった心臓の病気がありますし、脳梗塞のような胸の病気などもあります。

閉塞性動脈硬化症などの重度な病気にもなります。

狭心症や心筋梗塞

心臓の筋肉へと血液を送る動脈を冠動脈と言い、この動脈の一部に動脈硬化が起こり欠陥が狭くなってしまうと血液の流れが悪くなってしまったり、一時的に血液が止まってしまうことになってしまいます。

体を急に動かしたときや、興奮したときに心臓の筋肉が酸素不足になって胸が締め付けられるような痛みに襲われます。

これが狭心症と言われる病気です。

またコレステロールなどがたまってしまったり、血管の壁にこぶができてしまい、それが破けることで冠動脈の一部の血流が完全に途絶えてしまい、心筋が完全に機能しなくなってしまったものを心筋梗塞と言います。

これは胸に非常に強い痛みを感じ、吐き気や呼吸困難などを引き起こします。

この状態を適切に処置できないとそのまま命を落とすことになってしまいますので、怖い病気です。

脳梗塞

これは脳の血管の動脈硬化が進んでいき、血液の壁にできたこぶなどが破れることで血栓ができたり、不整脈など心臓にできた地のかたまりが流れてきて脳の欠陥がつまることで、血流が途絶えてしまい脳の一部が死んでしまうといった病気です。

脳梗塞がおきてしまうと、手足の麻痺や、会話がしにくい、顔の表情が左右どちらか動かないなどといった症状がでます。

このように表に見えている症状のが出たらすぐに救急搬送してもらいましょう。

このときには既に血管は詰まっていますので、ほおっておくと命を落とす結果になってしまいます。

動脈硬化によって起こり得る病気は、いくつかありますがどれも皆命にかかわる重病になっています。

日頃からの生活習慣を改めて、暴飲暴食しないで健康に気を使っていきましょう。

症状がでたら早めの処置が必要です。